GPS

電波航法測位システムがGPSとなって、人類に計り知れない利益をもたらしました。航法システムの大衆化が実現し、介護、防犯、災害救助に大貢献しています。

GPS

「アメリカ合衆国に足を向けて寝るな。」

とは申しませんが、電波航法測位システムがGPSとなってからは、本当に、人類に革命的利便が生まれました。
以前は、特別な教育を受けるか、書物を耽溺するかの、俄作りでは得られない技術がなければ、電波航法測位システムを利用できなかったのです。

現代は、まさに老若男女問いません。
スマホさえあればポジションを失うことは滅多に起こりません。さらに、企業単位で独自にシステムが構築されていて、これとGPSが同期しています。
時計も原子時計に匹敵する時刻を常時受信しています。GPSとは生命の安全に絶大な貢献があるのですから利用させて頂きましょう。

一方で、一部、GPSとは?に対し根強い誤解があるようなので、最後ですから、ここで修正しておきます。

「GPSは電波を受信しません。」

したがって、GPSからあなたを補足追尾はしません。
スマホの存在場所が判るのは、その携帯端末が受信したGPS情報に基づいて、解析して得た位置情報を、その端末自ら通報しているだけです。

GPSは高度も判ります。カーナビなどで、

「高度はわかりません」

は誤りです。誤差が大きいだけです。実用に堪えます。
我が国は、国土地理院を保有してますので、5万分の1地図を誰でも入手できますから、座標が判ればそのチャートの等高線から導いてもいいのです。
googleが提供する地図はすでにアプリに入っています。

GPSからの信号でカーナビの新地図が落とせる。これは大誤りです。物凄い武装自動車で地球上を走り回って抜け道やら、目線情報を提供しているのは「google」です。
この自動車見たことあるでしょう? オンボ○だけど、カッコいいですね。

GPS情報だけで方位はわかりません。利用端末が地理情報を持っているか、逐次受信しているのでその地理情報と、推移時間の地理情報から方位が割り出されています。
もしくは、現地(日本国土レベルの広さ)の磁北と地軸の最新誤差が補正されたる「コンパス」と、そのアプリケーションが方位決定を実現しています。

アメリカがGPSのスイッチを切る。実際に宇宙まで行って一個づつOFFとすることはあり得ませんが、「機能停止」のコマンドはあるかもしれませんね。それはわかりません。
軌道修正や、デポジット(無限軌道に乗せて廃棄する)など、管理のためのコマンドはあるので、一斉に機能停止はあり得るかもしれません。

現在の利用状況から考えれば、パニックを恐れますが、私が、ここまでで触れた、「継続補正」と「企業レベル地上局の完備」で直ちに混乱が起こることはないと思います。
第一、そんな必要性が起きそうな世界情勢であれば、どんな鈍感な国の国民でも事前に準備ぐらいはできそうです。