「ロラン」とは?~まもなく終焉、GPS以前の航法(位置)測位システム

はてな

はてな

アメリカ合衆国は慈善団体ではありません。現在のところ世界最強の腕力を持っている国家です。アメリカ合衆国に限らず、あまねく国家の行動は「戦略」に基づいています。

アメリカ合衆国の行動の一つに「GPS」のカーネルのオープンソース化があります。

GPSとは何かというと、現在では、地上に小さなGPS端末装置が、厚さ10mm以下の薄い携帯端末にも埋め込まれています。カーナビ、介護用位置通報監視装置、自動販売機防犯装置にも搭載されています。個人のポケットにも入っています。

GPSの中心的役割りを担っているのが、地球を縦横に回る30個の人工衛星です。全部アメリカ合衆国1国だけで打ち上げました。寿命更新されています。

このGPSとは「ロラン」の後継測位システムです。

「ロラン(LOng-RAnge Navigation)」は、アメリカ合衆国、ヨーロッパによる電波航法システムで、GPSへと収束し、まもなくその役目を終了します。

管理管轄役所は大半がアメリカ合衆国沿岸警備隊「コースト・ガード」によるものです。
軍隊ではありません、日本の海上保安庁にあたる組織ですが、この国の方針として、世界中に展開しています。

このシステムに使用する電波は地上から発射していました。波長と使用目的の理由から非常に長く(高い)、無指向性のアンテナが必要でした。
電波は「地表波」を使用する必要があるため周波数は短波でした。地球上の適当な陸地に設置され、船舶等の長距離移動体が自分のポジションを知るために、必要な機材を搭載さえすれば自由に使うことができました。現在のGPSと考え方は同じです。

当時は、世界中、このシステムの恩恵にあずかりました。単純な原理です。
電波からポジションを得るには、同時に最低2か所のアンテナからの電波を受信し、その方向線の交点から求めることができます。
ロランは「A」と「C」があります。ロランは、このアンテナからパルス(一定間隔で瞬間だけ電波を発射する。)を使用していました。
2か所のアンテナから測定するパルスにより、ポジションを求めます。

私が通信士の国家試験を受験した頃は、チャート(海図)にその受信電波の図(双曲関数曲線)を作図し、交差する2点からポジションを特定していました、手作業です。
というより、現代のような専用機器が必要なかったという利点はありました。交差点は2点ありますが、自分が航行している方を誤ることはありません。
また、3つを受信すると確実です。(三角形が得られ、その中に自分が存在し、小さな三角形を要求される。)さらに、正確な時刻を持っていると、理論上一つのロラン電波でもポジションを得ることができます。