地図~人は、大昔から「場所」を特定する記録を残す動物

マップ

GPSとはグローバル・ポジショニング・システムの略で「GPS」。現代の日本人なら、殆どの人がGPSとは?に詳しく答えることができないにせよ、確実にその恩恵を受けています。
世界中、どこの国であっても環境さえ整えればこのサービスを享受できるのです。

GPSとは、アメリカ合衆国単独で全人類に無償提供しているサービスです。

マップ

ある時刻における、ある地点を特定することは非常に困難です。特に、2つ以上の点の存在場所の特定と同時性の確認は不可能です。
この辺りの話は、物理学、量子力学、さらに、哲学の分野ですので触れないでおきます。
前に進めなくなるし、「厳密」な話をしたいわけではありませんから。

人は、大昔から「場所」を特定する記録を残す、記録をたどることを行っていました。手段は人類のみが持つ汎用性に富んだ「思考」によります。

鳥類は行動範囲が人よりはるかに広いです。彼らは「思考」に頼らないナビゲーションシステムを「本能」で得ています。
ほかの動物も、多かれ少なかれ限定的ではありますが、何らかのナビゲーションシステムを備えています。「センサー」からの情報と「記憶」によるものが多いですね。
記憶されている情報は、地形、風景であったり、匂いであったりそれぞれが得意の方法で会得しています。

人にそのセンサーは本能としては与えられていないようです。ある問題が生じ解決の必要があれば、「汎用型思考」で地図を残します。

江戸時代の日本で、淡路島で出生した「カヒー・タカーダ」が北方へ大航海を行いました。彼のナビゲーションは、風景の記憶と気象海洋情報の思考的解析に基づいたものでした。

陸上風景を写生して組み立てれば地図を得ることができますが、洋上の点を示すのは困難を極めます。
実際に沿った航路を座標に記録するしかありません。権力者は、その記録を集めます。
地図のコレクションは権力の象徴です。順調だったコレクションも大航海時代となると、大地、海が球形であることを認めざるを得なくなりました。狼狽に似た大問題が起こったと容易に推測できます。
権力をもってしても、一枚の地図で世界を示すことができないことを突きつけられたからです。

チャールズ・チャップリンの映画「独裁者」では、ヒトラーをパロッた彼が、地球儀を弄(もてあそ)んでいます。この時代以降、人類は地図の所有による権力の誇示を止めました。

1972年に打ち上げられたアメリカ合衆国の探査機パイオニア10号、翌年の11号には、地球の場所を記した陽極酸化処理アルミニウム合金・プレートが搭載されています。

無線航法測位システムは、すべて、兵力展開のための軍事用位置測位手段が起源です。のちに民生に開放されました。GPSとは? GPSも例外ではありません。